10月14日「わたしはそれを喜んでいます」

フィリピの信徒への手紙1章12節~30節

「喜び」は、人が生きていく上でなによりも大切な感情的な要素であろうと思います。人生にはなにも喜びがないとすれば生きる嬉しさはなくなります。希望を持ち得ません。誰もが喜びのうちに人生を歩みたいと願っているはずです。

 四字熟語に「喜怒哀楽」というのがあります。「怒り」は、誰かを打ち負かすとか、見返すというような生きる力をもたらすかもしれません。でも、誰かを悲しませることがあったとしも喜ばせるということはないでしょう。「悲しみ」は生きる力をもたらすどころか失わせます。イエスさまは「悲しむ人々は、幸いである。その人たちは慰められる。」(マタイ5:4)とお語りになられましたけれども、悲しみそのものが生きる力にはなりません。「楽しむ」は、それなりに生きる力になりそうです。でも、一時の楽しみは後に空しさを生みます。

 「喜び」だけが、怒りや悲しみや楽しみに左右されない特別な感情だと言えます。どんな苦難の中にあっても、悲しみの中にあっても、そこに喜びを見出すことが出来るからです。もっと言えば、涙を流しながらでも、歯を食いしばりながらでも喜ぶことが出来ます。そういう喜びがキリスト教信仰の中にあります。わたくしたちはそれを良く知っています。

また「喜び」は、人を生かす力にもなります。イエスさまがお語りになられた「隣人を自分のように愛しなさい」という御言葉には、愛し愛される関係のなかに喜びがあるからです。相手が苦しんでいる時、悲しんでいる時、愛の関係が喜びをもたらすのです。神さまがわたくしたちと一緒にいてくださって愛してくださるからこそ、わたくしたちはいつも喜びの内に生きることが出来るのです。だから、わたくしたちも互いに愛し合う中で喜びを得ることが出来るのです。主が喜び、わたくしたちが喜ぶ。喜びをもたらすものが愛であるとも言えます。

 フィリピの信徒への手紙は「喜びの手紙」と呼ばれます。パウロは喜びの人でしたし愛の人でした。けれども、この手紙を書いているパウロは喜ぶべき時の中にいたわけでも、そういう場所にいたわけでもありませんでした。囚われて牢獄の中にいたのです。今日明日ともしれない命の瀬戸際にいたのです。それにもかかわらず、パウロは喜びの中に生きていました。それは、主の愛の内に生きていたからです。自分を愛してくれる者たちのこと、また自分が愛する者たちのことを知っていたからです。

 パウロは決して強い人間ではありませんでした。賢い人間でもありませんでした。むしろパウロは弱い人でした。肉体的にも弱く病を負っていましたし、輝かしい経歴をまるごと捨てた愚かな人でした。けれども、パウロは喜びの内に生きていたのです。喜びをもたらす愛を得るためにキリストの思いを抱いていたからです。牢獄でその愛なるキリストが告げ知らされていたからです。その御業の内にあることを信じていたからです。だから喜び得たのです。

 パウロの喜びというのは「自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせている」ことによっても動じませんでした。「ねたみと争いの念」が渦巻いていても動じませんでした。ただ、ひたすらキリストが告げ知らされていることを喜んだのです。獄中の看守が「このパウロという男は、ナザレのイエスという十字架刑に処せられた男がキリスト(救い主)だと言いふらしている。」などと言われても、それをも喜びとしたのです。ただ単純にキリストの名が語られているところにキリストの愛があることを信じていたのです。

 わたくしたちはこのような喜びを得ているでしょうか。なんでもいい!イエスさまが語られている!イエスさまのことを語っている!そういうことを愛の出来事とし、喜びとすることが出来ているでしょうか。パウロの「それ」というのは、そういう喜びでした。信じてもらえるかどうか、あるいは信じる人がいるかいないかの前に、ただ単純にキリストが告げ知らされていることこそがわたくしたちの喜びです。そこに主ご自身がお立ちくださっておられることを知ることが出来るからです。そのために、わたくしたち自身がキリストを語り、証しする者となりたいと思うのです。わたしの口がキリストを語る時、わたしはキリストの愛の内にあることが分かります。誰かが、どんな思いであれ、キリストを口にする時、キリストはその人と共におられます。いつもキリストとその愛を口ずさむ者になりたい、そういう信仰に生きたいと思います。それがわたくしたちの本当の喜びとなるからです。そこに主ご自身がおられるからです。

 

 

コメントは受け付けていません。

2018年5月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

写真 / 動画のページ (2)
礼拝案内 / 説教集 (77)

WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck requires Flash Player 9 or better.